--/--/--.--

■ スポンサーサイト ■

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/11.Tue

■ 相手にあなたを記憶させる ■

今回は、ここで紹介するテクニックを活用するための基本を伝えておきます。


あなたがどれだけテクニックを習得しても、使う相手がいなければ意味がありません。

そのためにも、相手にあなたを記憶してもらう必要があります。


 ●●●●●●memo●●●●●●

   相手にあなたを記憶させる

 ●●●●●●●●●●●●●●●


相手の記憶にあなたを残すことを心がけましょう。

どれだけ良い印象を残すことができたとしても、その記憶が薄れれば、

相手の中にあなたは存在しなくなるのです。


良いイメージが残せたとき。

結果がいまいちだったとき。

どちらであっても相手の記憶に残る必要があります。

前者は次につなげることができ、後者は次に挽回することができるのです。

記憶からなくなれば、どちらも不可能になりますね?


相手の記憶にあなたを残しておくためにも、定期的なコンタクトをあなたは取るべきです。


メール電話直接会う

どのような形であってもかまいません。

次につなげるという意識を持って、人と接するように心がけてください


「近いうちに飲みに行こうよ!次の日曜日は何してる?」


「今度一緒に買い物に行きましょう!」

「次に会う時は、お勧めのCDを持ってきますね!」 etc.

このように、定期的なコンタクトをとれるような会話の流れを意識してください。



 ■■■■■エクササイズ■■■■■

     定期的にコンタクトを取る

 ■■■■■■■■■■■■■■■■


次の約束を明確に相手に伝えることで、相手と会う約束を定期的にとるように心がけてください。




本日の内容は役に立ちましたか?
もしよろしければランキング投票お願いします♪


人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ




コミュニケーション能力向上で目標の達成
スポンサーサイト
コミュニケーション能力UP | Comments(1) | Trackback(1)
2010/02/22.Mon

■ 話し方のテクニック ■

今回は、話し方のテクニックの1つを紹介します。


想像して欲しいのですが、同じ趣味を持った人に対して、

あなたは周りにいる他の誰よりもその人と意気投合しませんか?

それは、同じ共通点をもっているからだとわかりますね?


共通であること...

すなわち、同調(シンクロ)することが、良い人間関係構築のポイントなのです。



 ●●●●●●memo●●●●●●

      ペーシングの活用

 ●●●●●●●●●●●●●●●


ペーシングとは、相手の話し方(ペースやテンポ・癖など)に合わせるテクニックです。

話すペースやテンポが一緒であるだけでも、この共通点を相手は感じるようになります。


早口に対して早口に接する。

ある特定の口癖を真似てみる。

声の大きさを合わせる。 などなど

相手の真似をしてみてください。



 ■■■■■エクササイズ■■■■■

   ペーシングで相手と同調する

 ■■■■■■■■■■■■■■■■



あなたも人間関係をつくるのであれば、良いものにしたいと望みますよね?

YESと答えてくださったあなたは、同調することに意識を持っていってください。

だまされたと思ってやってみてください。

いつもとの違いを感じるはずです!





本日の内容は役に立ちましたか?
もしよろしければランキング投票お願いします♪


人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ




コミュニケーション能力向上で目標の達成
話し方の改善 | Comments(0) | Trackback(1)
2010/02/19.Fri

■ 人を動かすためのマインドセット ■

今回は、あなたが望むように相手に動いてもらうための考え方を紹介します。

あなたは「~して欲しい!」と思ったときにするべきことが何かを知っているはずです。

コレは知っているけど実際に行動にできていないかもしれません。


 ●●●●●●●memo●●●●●●●

  鏡の法則が人間関係を良好にする

 ●●●●●●●●●●●●●●●●●


良いことをすれば、良いことが返ってくる。

悪いことをすれば、悪いことが返ってくる。

このように、相手はあなたを映し出す鏡だと思ってください。


鏡に映ったあなたを動かそうと思えばどうしないといけないですか?

そうですね。

まずは、あなたが動かないと鏡に映ったあなたも動きません。

あなたがして欲しいことを相手にする。

すると不思議なことにそれがあなたに返ってくる。


あなたが何かをして欲しいと相手に望んだときは、

まず、相手にそれを実行してください。


このことを意識するだけでもコミュニケーション能力が数段上がり、

相手はあなたに一目を置くようになります。



例えば、あなたの周りにもいるかもしれませんが何度も何度も相手に告白して、

付き合うまでに至ったカップルがいるのではないでしょうか?


1回目の失敗でほとんどの人はあきらめてしまいますよね?

ただし、与え続けることで最良の結果を得る人も存在するということです。


仕事でもそうです。

あなたが働く姿を見せれば、周りは活性化され、

手伝ってもらえるように頼んだときでも、印象は随分と変わってくるでしょう。


このように、相手は鏡となり、与えた人へ与えられたものを返すことになるのです。



 ■■■■■エクササイズ■■■■■

     鏡の法則で相手を動かす

 ■■■■■■■■■■■■■■■■


こう接して欲しいと思ったら、そう接する!

これが良い人間関係構築のポイントです。




本日の内容は役に立ちましたか?
もしよろしければランキング投票お願いします♪


人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ




コミュニケーション能力向上で目標の達成
マインドセット(気の持ち方) | Comments(0) | Trackback(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。